記事一覧
リセットダイエットとベーグル

リセットダイエットの目的は、痩せるための食事方法を身につけて、体重のコントロール方法を覚えることです。 リセットダイエットが支持されている理由は、期間が1週間と短いことと、ルールが簡単な所です。 朝食だけ定番のリセットダイエットメニューを食べて、昼と夜は好きな肉料理or魚料理と野菜料理を数品食べるようにします。 えび、いか、たこ、貝類なども週に2回まではOKとします。 夕食は自由度が高いですが、昼食は週に2回専用メニューがあります。 決まりはこれだけなので、あとはカロリー計算はしなくて良いというメリットがあります。 炭水化物抜きダイエットから発展してできた方法なので、食べられる食材が低糖質です。 リセットダイエット中は糖質が不足してぼーっとする可能性がありますが、次第に脂肪からエネルギーが作られる状態(ケトアシドーシス)になると、脳にエネルギーが供給され、同時に脂肪が分解されていきます。 炭水化物好きにはちょっときつい方法ですが、1週間だけなので成功率は低くはないでしょう。 炭水化物でも、ベーグルなどは比較的ヘルシーでダイエット向きのパンと言われています。 ベーグルの基本材料は強力粉と水で、バターや牛乳、卵などが使われていません。 そのため、ベーグルは低カロリーで低脂肪なパンということで、比較的ダイエット向きなのです。 もしダイエット中に我慢できなくて脂っこい食事をとってしまったら、やけにならずにオルリスタットを使ってみると良いかもしれません。 オルリスタットは食べた脂肪分のうち30%を未吸収で排出してくれる薬です。 オルリスタット単独で痩せるというよりも、食べた罪悪感を感じさせないようにして、ストレスがたまるのを防止してくれます。

2019年10月04日
50代はオルリスタットとレモネードで痩せる

50代が太りやすくなるのは、基礎代謝が格段に下がることが原因です。 50代になると食べ過ぎていなくても、基礎代謝より摂取カロリーが少なくなるので、脂肪が蓄積されてしまいます。 そこで50代のダイエットにはオルリスタットを活用すると良いです。 オルリスタットは、世界的に用いられる肥満治療薬です。 食事の前にオルリスタットを服用することで、脂肪の30%を吸収しません。 基礎代謝が衰えても吸収されるカロリーが少ないので、太りにくくなります。 さらに今アメリカではレモネードを使った短期集中のダイエットが人気です。 プチ断食をしながら体内の老廃物を除去する健康にも嬉しい方法です。 レモネードダイエットでは、朝起きて腸内洗浄をし、レモネードを飲むことを3日間続けます。 まず開始する1週間前から準備として、野菜中心の食事を心がけます。 これによって体に与える負担が少ないです。 前日には次の日の腸内洗浄を効率良くするために、ハーブティーなどお通じを良くするものを飲みます。 ダイエット1日目は腸内洗浄から始めます。 体の毒素の75%か腸内に存在します。 1Lの蒸留水に天然塩を小さじ2杯入れます。 この塩水を飲みますが、一気に飲むことができなければ4分の3程度でも良いです。 飲んだ後は1時間お腹の痛くない下痢になります。 腸内がきれいになったら、レモネードを1日6~12杯飲みます。 2時間に1杯が目安ですが、お腹が空いた時に飲むので特に制限はありません。 ただし1回に飲む量は300ccです。 レモンにはクエン酸やビタミンCが豊富で、その他にもカルシウムやマグネシウム、リンなどを含んでます。 レモンの香りと酸味は、交感神経を刺激して30分もすれば体が活動的になります。

2019年09月08日
2週間で効果を出すにはステッパーとオルリスタットを使う

ステッパーはスポーツ用品店やネット通販でも買えるダイエットグッズで、値段も手頃なので人気があります。 しかし、正しい使い方を知らないとあまりダイエット効果が出ない場合もあります。 2週間でステッパーダイエットの効果を出すには、骨盤表面の深い部分にある大腰筋や腸骨筋を使う必要があります。 普通にステッパーを踏んでいると足を踏み込むだけで足を持ち上げる時には筋肉を使わないのが特徴ですが、単に踏むだけではなく、全身のエアロビクスのような感覚でやると効果が高まります。 2週間で少しでも脂肪を減らしたい場合には、ゆっくりと負荷をかける方法が良いです。 脂肪燃焼のためには20分以上ステッパーを踏み続けないといけないと思っているかもしれませんが、これは昔の研究データで、今は分割して30~45分くらいやった方が良いと言われています。 正しい方法で上半身の筋肉も鍛えてあげるようにすれば、2週間でじわじわ効果が出てきます。 筋トレは毎日続けると、筋肉が疲れすぎてかえって成長スピードが落ちてしまうので、週4回くらいのペースで行うのがベストです。 日本人は、がむしゃらに頑張ることを美徳と考える傾向があります。 しかし、ダイエットにおいては、がむしゃらに行うよりも正しい運動方法や食事方法を理解してからやった方が効果が高いです。 過剰な食事制限は筋肉を衰えさせて、結果的に脂肪が多い体にしてしまう可能性があります。 たんぱく質は摂取したいけれども、食事の時の脂肪分がどうしても気になる場合には、オルリスタットという薬を使う方法もあります。 オルリスタットは怪しいダイエット薬ではなく、FDA(アメリカ食品医薬品局)にも認可された正式なダイエット薬です。 オルリスタットを使うと脂肪吸収が約30%カットされるので、無理なく痩せることが出来ます。

2019年08月22日
食事はご飯よりも肉?オルリスタットでカロリーカット

糖質制限ダイエットの理論から言うと、ごはんよりも肉の方が脂肪になりにくいです。 ごはんは食品の栄養素では炭水化物に分類されており、これは糖質になります。 小腸に入るとマルターゼ酵素によってブドウ糖に分解されて、そこから血管に取り込まれます。 取り込まれたブドウ糖は、インスリンによって体のエネルギーになるのですが、ごはんの食べ過ぎでブドウ糖の量が多くなってしまうと、エネルギーとして消費しきれなくなって脂肪細胞にブドウ糖が貯蔵され始めます。 これがごはんが脂肪になるメカニズムです。 一方、肉は脂質に分類されます。 こちらは血管内に取り込まれても、インスリンの値を上昇させません。 インスリンは膵臓から分泌されますが、脂質はインスリンを分泌させないので脂肪細胞に貯蔵されるというメカニズムが起こりません。 もちろん、だからと言って脂肪分を摂りすぎてしまえば体内の脂肪が使われにくくなるので、痩せにくくなることはあります。 また、血液の流れを悪くさせて動脈硬化の原因になる危険性もあります。 糖質制限では、肉と一緒に野菜も意識的に摂取するのがコツです。 野菜の種類では、根菜類(いもやごぼう)は糖質が多めなので、葉物野菜(レタスやほうれん草)などを中心に摂取するようにすると良いです。 あまりにも脂肪分を摂りすぎてカロリー過多になってしまったら、オルリスタットを使うとカロリーカットが出来ます。 オルリスタットは脂肪の吸収にだけ働きかける薬で、糖質やタンパク質の吸収には作用しません。 なので、肉ばかりたくさん食べてしまった時にはカロリーカットの効果が高くなります。 オルリスタットと糖質制限を一緒に行えば、効率的に痩せていくことが出来ます。

2019年07月28日
オルリスタットとサノレックスの関係性

美容クリニックを始めとして医療機関では様々な肥満治療法が取り入れられていますが、その中の1つに薬物療法があります。 薬物療法とは、食欲抑制剤や消化吸収阻害剤、また、熱産生促進剤などの抗肥満薬を使用することによって肥満の治療を行なうものです。 その内容としては、大きく2つの方法があり、それは、摂取エネルギーを押さえるものと、消費エネルギーを増加させるものとになります。 これらの方法は食事療法や運動慮法と併用されることも多く、一般的に広く行われている治療となっています。 薬物療法で使用される医薬品の種類にオルリスタットとサノレックスがあります。 どちらも関係性においては肥満治療薬となっており、そこでの効果には高いものがあります。 但し、この2つの治療薬にはその方法に大きな違いがあり、使用する場合には事前の十分なカウンセリングとそれによる医師からの判断が大切なことになります。 まず、オルリスタットに関しては、その方法が脂肪の摂取の抑制にあり、サノレックスでは食欲抑制になっています。 そのために目的は同じでも治療薬が持つ性質は全く異なるものとなっています。 オルリスタットの特徴としては、食欲を抑えるのではなく、体内に脂肪を取り入れることを阻害して体重を減らすことがあり、また、食事制限に関しても大きくすることなく脂肪の摂取を抑えることができる効果があります。 サノレックスでは、服用することにより最初から食欲を抑制することができ、その結果、空腹感が少なくなるという特徴があります。 また、空腹感が少なくなることによって食事の量や摂取をする時間を決めやすくなり計画通りにダイエットを行うことができます。 どちらの医薬品を使用するかについてはカウンセリングなどで方向性を定める場合に決定されることになり、ここでは、副作用や期間、また、使用する上での注意事項などに関して詳しく説明が行われます。

2019年07月13日
オルリスタットにはオムツが必須

白色や半透明の結晶性の粉末であるオルリスタットは、脂質を加水分解を促進する酵素の一つであるリパーゼの可逆的な阻害剤です。 胃と腸でリパーゼの活性セリン残基と共有結合を形成する事により、摂取したトリグリセリドの脂肪酸やモノグリセリドへの加水分解を阻害し、トリグリセリドの吸収を約30%阻害し摂取カロリー量を軽減します。 オルリスタットは、脂質の吸収阻害作用だけで無く、ビタミンAやD、E、K、βカロテンなどの脂溶性ビタミンの吸収も阻害する作用を有しているので、脂溶性ビタミンのサプリメントの併用服用が望ましいとされています。 オルリスタットは、放屁や便意切迫、脂肪便、排便の増加、便失禁などの副作用がます。 ワックスエステルを多く含む便の為に漏れ出す事が事が多く便意のコントロールが難しく、下着を汚してしまうケースが多いので大人用オムツや女性用ナプキンなどの利用が望ましいとされています。 オルリスタットは、慢性吸収障害、甲状腺機能低下症などの器質性肥満、神経性食欲不振症の患者への処方は禁忌とされています。 肥満症の治療薬に用いられているオルリスタットは、アメリカFDAでは医薬品として承認されていますが、日本の厚生労働省では無承認無許可医薬品等に該当します。 その為に、個人輸入や輸入希望者の依頼で輸入関連の手続きを行う輸入代行業などによる入手方法で購入されています。 個人輸入や代行輸入は、薬事法に違反する為に全て個人の責任となり、副作用救済制度や健康被害救済制度の対象外となっています。 オルリスタットは服用後数%が腎臓への残留するとしますが、3~5日で体外に排出され内臓への負担は少ないとされています。 又、オルリスタットは、中枢神経に作用する事が無いので依存性をも無く安全な薬剤とされています。

2019年06月28日